読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くハハの技術と感覚

都内で働くワーキングマザーの日記です。

kindle unlimitedから外れたけどお勧めしたい1冊、まだ読めるおすすめ本

講談社をはじめとして、大手出版社の人気タイトルが勝手に軒並み引き下げられてしまったというkindle unlimited。 とはいえ、1ヶ月無料なので、お試しする価値は充分あります。すでに最もお勧めしたかったタイトルはないのですが、まだ読めるものもあります…

【イベントレポ】ELLE woman in societyに行ってきました

1ヶ月以上も前の話なので、今更ではありますが、6/18に六本木ヒルズ アカデミーヒルズで開催された ELLE woman in societyに参加してきました。さすが、ELLE!おしゃれ! マルベリーのチョコや、スムージーがお出迎え。基本的にシェアありきなので、各種SNS…

桜フレーバーの憂鬱

さくらフレーバーで思い浮かべる味はどんな味ですか?私は断然、桜餅です。それ以外は認められない。もっといえば、桜の塩漬けの味である。っていうかそれが当たり前だと思っていたのです。でも、今年は見事に裏切られました…!某スターバックスのさくらフラ…

さっきまであったもの MEKURU キョンキョン特集号を買いました

さっきまであったもの。昨日まであったものが、今日はなかった。ああ、あのとき買っておけばよかった。とたんに、欲しくなる。MEKURU最新号、キョンキョン特集。MEKURU VOL.07 (小泉今日子)作者: ギャンビットパブリッシング出版社/メーカー: ギャンビット発…

雑誌クウネルのリニューアル

雑誌クウネルがいつの間にかリニューアルされていました。もともとのクウネルも好きだったけど、あんまり売れていなかったのかな?大人の女性がときめく雑誌にリニューアル、と書かれていたけど、いや、以前のクウネルにはときめいていたけど、このコピーに…

SMAPとクックパッド

今さらなのですでに盛り上がりはひと段落している気がしますが。一連の流れ(といってもリアルで見ているわけでもなく、翌日のめざましテレビでさんざん見させられて辟易しているだけなのだけれど)改めて、SMAP興味ないなー、特にキムタク興味ないわと実感。…

1/16.24の2日間はライブスケッチも開催!江口寿史展 KING OF POP

1/31まで川崎市市民ミュージアムで開催中の江口寿史展。忘れないようメモメモ。江口寿史展 KING OF POP - 川崎市市民ミュージアム川崎市市民ミュージアムこ、これは行きたい…!でもって5分間スケッチを当てたい…!6回×各回5名ということなので、30名。でも宝…

結婚式二次会で同年代のキャリアに嫉妬する

久々に結婚式二次会に参加した。数年前、20代の後半で結婚ラッシュがあった後は、しばらく落ち着いていたので久々。こんな機会でもないと会わない知人が多いので、貴重な機会である。新卒で入った会社でずっと働き続けている子達は、中堅になり、海外出張を…

【読書】 過剰な二人

久々の読書記録。幻冬舎の見城さん、林真理子さんのエッセイ集。16年間絶交していて、再び交流をはじめた2人の対談のくだりは時代のうねりみたいなものを感じられてエキサイティング。うーん、こんな風に一流の仕事人的な働き方がしたいものだけれど、ほど遠…

仕事ができない「残念な男」でも結婚はできる

常日頃から、仕事できないなぁこの人という男性がいる。・いくらフィードバックしても改善されない・反省するそぶりは見せるものの、行動が変わらない。・常に自分が一番。・周りの迷惑を考えない。・とにかく面倒臭い。…とまぁ、何も考えなくてもいくらでも…

村上春樹 『職業としての小説家』読了。

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」一冊というか、村上春樹さんに人生影響された人ってかなり多いんじゃないかなということが言いたいのです。村上春樹さんの新刊、『職業としての小説家』読了。この本は、初版10万部のうち、9万部を紀伊國屋書店が買い上…

NHK朝ドラ「まれ」最終回目前!イラっとする人の目線という記事に余計イラっとさせられた話

今期の朝ドラ、「まれ」見てますか? 私の周りにはそこそこいるのですが、批判も多いらしく、あんまり大手を振って見てます!と言いづらい…でも見てます! 途中見てない時期もありつつ、残り1ヶ月を切り、色んなエピソードを回収しにかかってるので慌ただし…

【読書】保育園義務教育化 古市憲寿著 読了

古市憲寿氏著、『保育園義務教育化』、読了。古市さんといえば、若手の社会学者として売れっ子のようで、たまにテレビに出たり本もたくさん出されている。けど、あえて炎上するようなことを言うタイプの人なので、本書もどんなものなのかなぁと思いつつ読ん…

ただのリスナーがライブに行きたくなる瞬間。 星野源のひとりエッジ(1日目)に行ってきた

2015.8.12 星野源のひとりエッジ in 日本武道館*ただの日記です。星野源さんのライブに行ってきた。初ライブ参戦だったけど、よかった。音楽は苦手分野なのです。いい音楽に出くわす勘どころがない。本だったらそこそこ自分の好きな本を嗅ぎ分ける力がある…

一粒万倍日と宝くじの敏腕売り子の話

最寄りの駅には宝くじの敏腕売り子がいる。ただ、最近見かけないな…と思っていたら、久々の遭遇。多分、ドリームジャンボだから配属されているのかと。柳原可奈子ちゃんみたいな感じで、フリップを掲げる姿勢がよいのと、呼び込みのセリフがなぜか気になる。…

【読書】ダメをみがく 女子の呪いを解く方法

『ダメをみがく 女子の呪いを解く方法』2013年に発売された本だけど、めちゃくちゃ面白い。自分の中でまれにみる他人におすすめしたい本。特に、ちょいちょい生きずらさを感じている人にお勧めしたい。コミュニケーションの達人、みたいな人には不要かも、で…

グランキリン galaxy hopに癒される週末

グランキリンの夏の新作、ギャラクシーホップが美味しい。香りがいいしちょっと濁ってて丁度よい苦味。爽やか!グレープフルーツっぽい感じ。いくらでも飲めちゃうよー。瓶の形状も美味しく感じる気がする。近い系統なのは白濁とか、水曜日のネコ、僕ビール…

NHK「おはよう日本」の持たない暮らし・ミニマリスト特集を観ました

読者登録させていただいているブログでお知らせがあったので、7/7 NHKおはよう日本で放送されていた、ミニマリスト特集を観ました。 朝は家族都合でめざましテレビ派のため、わざわざ録画で。いいかげんめざましテレビっていうかフジテレビの煩さにうんざり…

松浦弥太郎さんの新メディア、くらしのきほん

松浦弥太郎さんの新メディア、くらしのきほんがオープンしていた。くらしのきほん | あなたのくらしはもっと楽しくなる松浦弥太郎さんといえば、暮らしの手帖の編集長として有名で、おしゃれ本屋COW BOOKSや、著書もたくさんあって、さらっと読めるエッセイ…

ミニマリストになりたい。『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』読了

ミニマリストになりたい「ぼくたちにもうモノは必要ない」佐々木典士著・ワニブックス刊、読了。曲がりなりにもブログを更新していると、日々ミニマリストを謳うブログにも遭遇するわけで、刷り込みというか、気にはなっていて、ようやく読めた。私もモノを…

鎌倉のあじさい寺、明月院と鎌倉散策

今週のお題「梅雨の風景」 紫陽花の時期となるとどうしても行きたくなる明月院。 といっても毎年行けているわけでもないのだけれど。 この時期、6月だけ、普段9:00〜の開門時間が早まり8:30〜となります。 今回は10時前には明月院に着きましたが、並ぶほどで…

朝ドラ まれの舞台、横浜散策で見つけた子連れおすすめスポット、象の鼻テラス

最近の我が家の会話の5割(は、ちょっと盛りすぎた)を占めている「まれ」。夫はこのところの少女漫画的展開にきゅんきゅんして仕方がないらしく。まれちゃんと一緒に、大輔くんにときめいたり、やっぱり圭太かよ!ってなったり。個人的には美南ちゃん、一子ち…

週末の手仕事 リバティくるみネックレスの作り方

なぜか知らないけど疲れている。寝ても寝ても疲れが取れない、なんか知らないけどイライラ。自律神経が乱れている感じ。こういう時は手仕事に限る。常備菜づくりでもいいけど。 ということで、リバティ生地でくるみネックレスを作りました。ラッピングネック…

今週末は六本木アートナイト関連イベントも開催。「単位展」に行ってきた。

単位展に行ってきた。 六本木ミッドタウン内、21_21にて開催中の単位展にようやく行けた。 今週末は六本木アートナイト開催につき、 特別イベント「単位展で会いましょう」が開催される予定。 企画者の方、出展者の方、来場者の交流会も開催されるそうな。い…

【子育て】【反省】写真整理は記憶が冷めないうちにやるべし。

ほかっておいた昨年の夏休みの家族旅行の写真整理。フォトブック作成をようやくやりました。。。ほぼ1年経っています。 あー、つかれた。。。 今回、使ったのはジャストシステムが運営しているココアルというサービス。3周年記念で50%オフというのに惹…

小沢健二ライブ@世田谷文学館

小沢健二ライブ@世田谷文学館 岡崎京子展@世田谷文学館 - 働くハハの技術と感覚からの続き。 世田谷文学館のホールで、多分300人ぐらいだったと思う。 招待されていた人、関係者、たまたま居合わせた人(私も含まれる)、もしくは直前でTwitterとかで知って駆…

岡崎京子展@世田谷文学館

岡崎京子展@世田谷文学館 奇跡的ないちにち。もう会期は終わってしまったけれど、書きとめておこうと思う。 展示最後の週末だったことを思い出し、世田谷文学館へ急ぐ。 岡崎京子作品はpink、リバーズ・エッジ、ヘルタースケルター あたりしかちゃんと読んだ…