読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くハハの技術と感覚

都内で働くワーキングマザーの日記です。

酒粕から作る甘酒レシピ比較

先日、知り合いの方から

美味しい酒粕をいただきました。

 

夏子の酒

のモデル、久須美酒造さんの酒粕でした! きゃー!

甘酒大好きなので、ありがたくいただきました。

(ホントは、酒粕からの甘酒より、麹からの甘酒の方がより好きですが)

f:id:workmam:20140224200331j:plain

 

風邪撃退飲み物 酒粕甘酒のおいしい作り方 [毎日のお助けレシピ] All About

こちらのレシピは、

酒粕100gに対し、水500cc、砂糖大さじ3、塩ひとつまみ。

 

もうひとつは、

 

酒粕レシピ からだにやさしい発酵食料理100 (講談社のお料理BOOK)

酒粕レシピ からだにやさしい発酵食料理100 (講談社のお料理BOOK)

 

 酒粕レシピに掲載されていた、甘酒レシピ。

こちらは、色々な料理に酒粕を活用するためのレシピ本なので、

まずやわらか粕というものを作り、それを伸ばすようなイメージ。

やわらか粕は、

酒粕200gに水200cc、

それを甘酒につかう場合は、

やわらか粕200gに水200〜250ccとのことで、

酒粕100gだと、水が300ぐらい、+砂糖大さじ3、塩ひとつまみ。

合わせて料理用に、粕ペーストというものも作ってみました。

ハンバーグとか、ドレッシング、生姜焼き、カレー、煮物、和え物…と

応用範囲が広そう。酒粕を日常にもっと取り入れようと思います。

 

で、甘酒ですが。両方作ってみたのですが、

私は酒粕レシピの方が好みかな〜。

ALL ABOUTさんの方のレシピはさらっとしているのですが、

甘さも控えめでちょっと物足りない印象がありました。

酒粕レシピの方は、結構どろっとしているのでお好みで薄めても。

 

酒粕の甘酒はホンモノの甘酒じゃない!とおっしゃる向きもあるようですが、

冬場のお参りとか、屋台で出ている甘酒はほぼ酒粕の甘酒ですよね。

あの冷えた体にじんわり染み入る感じ、たまらないです。

たまにハズレのお店もあるけど、それはそれで思い出になる感じがします。

 

最後におすすめの甘酒を。

甘酒なら「玄米あまざけ」 お買い物::ヤマト醤油味噌

以前金沢に旅行した際に購入して気に入った甘酒。

濃厚な甘みが広がる感じです。

豆乳と1:1で割るのがお気に入りです。

せたがや縁側cafe せたがや市

世田谷で甘酒?って感じですが美味しいのです。

こちらは割とさっぱり目です。