働くハハの技術と感覚

都内で働くワーキングマザーの日記です。

現金書留で企業から500円玉が送られてきた話。

不在票が入る。

 

珍しく現金書留である。
差出人は東急電鉄

はて…?心当たりがない。

現金が送られてくるなんて、懸賞にでも当選したのかと思いきや、
中身は500円玉1枚。(しかも転がり出て一旦ゴミ箱に…嗚呼…)

東急百貨店フードダイレクト・リカーダイレクトというサービス休止に伴い、
保有しているTOKYUポイントを現金で返還するということだそうだ。

ポイントって、サービスが終了したらなくなってしまうものだと思っていたのに、
わざわざ現金書留で送ってくるなんて、律儀というかなんというか、、、
ちょっとびっくりした。

 

しかも、加入したものの1度も使っていなかったので、
なんだか申し訳ない&在宅時にわざわざ受け取った中身が500円…というギャップに違和感を覚える。

 

500円のものを送るのに、現金書留430円+82円かけるのって感覚的にどうなんだ。
私だったら図書カードとかQUOカードにしてしまうと思う。

大企業だからなのか、それとも最近のご時世を反映しての対応なのか。
もやもやしたのでメモ。