読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くハハの技術と感覚

都内で働くワーキングマザーの日記です。

仕事ができない「残念な男」でも結婚はできる

常日頃から、仕事できないなぁこの人という男性がいる。

・いくらフィードバックしても改善されない
・反省するそぶりは見せるものの、行動が変わらない。
・常に自分が一番。
・周りの迷惑を考えない。
・とにかく面倒臭い。

…とまぁ、何も考えなくてもいくらでも挙げられるぐらいで一緒に仕事をした人が揃ってもう仕事したくない人として名前をあげる困ったちゃんなのですが。

そんな彼が、この度めでたく入籍した。
おそらく、若手独身男性全員に希望を与えたことだろう。「こいつが結婚できるなら、俺も余裕だな」

…ただ、現実はそう単純でもないから面白い。

誰もが羨むお似合いカップルもあれば、何でこの人と結婚しようと思ったんだろう?と思う人もいるんですよね。

残念な彼も、プライベートには全力投球、精一杯出来る男を演じているのか、それとも奥さまはだめんず好きなのか(そういう人もやっぱり一定数います。母性本能をくすぐられるんですかね…)まーわが夫も大抵面倒なんで似たり寄ったりだと思うけど。

最近、やっぱり社内結婚っていいなと憧れている。仕事ぶりに関しては一目瞭然だからな!(といっても、若い女子をたぶらかすのは既婚男性にとってお茶の子さいさいだと思うので、ちゃんと目を光らせておかねばと思ってるんだけど。特にバツイチとか危険!仕事はできる≠結婚生活には向いてないパターンとか多し!結婚して子どももいるのに生活パターン変える気がない、とか、酒癖が悪い、とか。はたまた社畜とか。いや、社畜でもしっかり稼いでくるなら問題ないのか。)

早期に離婚するといいなぁ&あわよくば転職してくれるといいなぁと影ながら祈っている。表立ってdisったりはまだあんまりしていないけど、私がしなくても誰かがちゃんといびってくれるからいいかなぁ、と思っている。