働くハハの技術と感覚

都内で働くワーキングマザーの日記です。

【レシピ】桜新町「古無門」のもちもち天

桜新町にある鉄板・お好み焼き屋さん、古無門。うっそうと繁る雑木林の中に建つログハウス2階建てのお店です。お好み焼き屋さんにしては珍しく、広々スペースで子連れもOK。
お好み焼きも好きだけど、家じゃあんまりもんじゃ焼きを食べられないので、たまに行きます。(家のホットプレートでガリガリやったらテフロン剥がれそうやし…笑)

ここのお好み焼きの特徴としては、鎌倉野菜を使っていて、スペシャル天(だったかな?)にはカボチャや大根の千切り野菜が入っているのです。野菜たっぷりで、美味しい〜。
f:id:workmam:20151120070732j:image
そして、同じ敷地内にはケーキ屋さん、パティスリー雪ノ下というやはり鎌倉のケーキ屋さんがあり、デザートにケーキがいただけてしまうのです。

さてさて、その中でも行くたび毎回頼んでいるのがもちもち天。
f:id:workmam:20151120070549j:image

もちもち天って言ったら、餅が入ったお好み焼きかな?って思っていたのですが、これは全くの別物なのです。

もちで櫓を組んで、その中にとろろを流し込み、チーズとベーコンでフタをし、醤油、刻み海苔を散らしたちょっと洋風な一品です。

材料(2枚分)
もち…3個(真ん中で半分、縦にも半分に切って4等分にする)

大和芋…100gぐらい?長芋じゃなくて大和芋を使うこと。長芋だと流れて固まらないような気がする。

玉ねぎ…1/4…みじん切り
ベーコン…4枚
チーズ…適量
刻み海苔…適量
醤油…適量
f:id:workmam:20151120070636j:image
作り方
もちを切り、大和芋はすりおろす。玉ねぎはみじん切りに。もちを5角形に並べ、その中に大和芋と玉ねぎを混ぜたものを流し込む。チーズを散らし、ベーコンを乗せる。両面焼いて、最後にベーコン側に醤油を回しかけ、刻み海苔をかけて完成。
f:id:workmam:20151120070704j:image

これは何度もリピートしています。でも、お店に行っても毎回頼むんだけど…。

ごはん屋さんで満足度が高いのは、家じゃ作れない&絶品なごはんか、家のごはんのレパートリーに加えられるごはん。
スーパーじゃ手に入らないような食材だったり、プロの技が光るものだったり。と言っても、高いごはんにはほとんど行きませんが…。家ごはんのレパートリーに加えたいのは、割とベーシックな食材なんだけど、自分じゃ思いつかない組み合わせで新たな美味しさのものとか。わ、美味しい、って思っても、すぐ忘れちゃうから何が入っているか当てたり、家で再現してみたいものです。