働くハハの技術と感覚

都内で働くワーキングマザーの日記です。

手作りヨーグルトってこんなに美味しく作れるの? 太田胃散 王様のヨーグルト種菌 #RSP59

第59回リアルサンプルプロモーション@お台場、お試しレビューの続きです。

 

f:id:workmam:20170926070917j:image

 

太田胃散といえば、胃薬の太田胃散は超有名だしお世話になっているけれど、まさかヨーグルトの種菌を売っているとは知りませんでした。

まずは会場で試食してみて、とろ〜っと粘りのあるヨーグルトが新鮮。カスピ海ヨーグルトっぽい感じ。美味しい。

そしてそれが自宅でカンタンに作れるとは!
牛乳1Lに対して種菌を一包入れ、常温でヨーグルトになるまで放置するだけ。(少しだけ、牛乳を別容器に移しておいたほうが良いです。発酵すると膨張するのか、心なしか牛乳パックが膨らんだ気が)

f:id:workmam:20170926071030j:image


気温によって違いますが、私が試したときは、ちょうど1日半ほどで固まりヨーグルトに。

固まったかヨーグルトになったかわかるかな?と不安でしたが、牛乳パックを傾けて流れてこないのと、ヨーグルトっぽい匂いがしてくるので大丈夫でした。

味も試食したときも同様、美味しい。

見よこの粘り!

なんでも、普通の市販のヨーグルトは輸送の都合もあり増粘剤などを使っていますが、この手作りヨーグルトにはそれがありません。なのにこんなに粘るってすごいなー。乳酸菌の本気を見た気がする。

そして、なめらかできめ細やか。

f:id:workmam:20170926071122j:image

むかし実家で手作りヨーグルトを作っていたときは、酸っぱくてボソボソしている菌の塊みたいなのが入っててお世辞にも美味しいといえるものじゃなかったように記憶しているのですが、雲泥の差!

家族にも好評でした。


出来上がったヨーグルトを種にして、6回ほど作れるとのことだったので、植え継ぎも試してみました。
植え継ぎの場合は、種菌から作るのに比べて半分の時間でできるそう。1日置いて、表面は固まった感じがしたのですが、まだ固まっていなかったのでそのまま放置してしまったのですが、大丈夫かな…。ちょっと不安。もしこのまま上手く固まらなかったら、飲むヨーグルトとしていただこう。それか、フローズンヨーグルトにしてもいいかも。

また、牛乳だけじゃなくて豆乳でも作れるそう!
牛乳アレルギーでも豆乳ヨーグルトが気軽に食べれるってすごくないですか?

 

王様のヨーグルト種菌 │ 太田胃散の健康食品館

 公式サイトでは、1箱2包入りで1000円で販売しています。

 

 


太田胃散
王様のヨーグルト種菌
#RSP59 #サンプル百貨店 #太田胃散 #王様のヨーグルト種菌