働くハハの技術と感覚

都内で働くワーキングマザーの日記です。

さいたまアリーナまで、星野源に会いに行く。「Continues」ツアー感想

星野源さんのContinuesツアー、追加公演のさいたまスーパーアリーナも含めて全て終わりましたね。

本当、お疲れ様でした。


といっても、源さんはこれからもドラマやらで超絶多忙なんだった…!我々はその分また楽しみをもらえて嬉しいのですが、くれぐれもお体に気をつけて欲しいものだと思う。

 

Continuesツアー、yellowpass先行やら、リセールやら、色々申し込んだものの全く当たらずまぁ仕方ないよなぁと気落ちしていたのだけれど。

運良く、追加公演のさいたまが当たり、なんとなくそわそわした日々を過ごした。

いや、でも3万人だし、そんな見えないだろうしそんな期待しすぎちゃ駄目だよなぁとか、グッズ何買おうか、恋ダンス復習しておかなきゃだとか。

2年前に初めて星野源のライブに行ってから早2年。昔からのファンの人にとってはにわかだろうけど、でもまぁそれは気にしないことにする。

普段そんなに音楽を聴く方じゃないし、ライブもほとんど行ったことないので何ていうか作法がよくわからないのだ。ローソンチケットアプリの使い方もよく分からないし。

行く前はツイッターで感想をチェックしたりして。

で、実際行ってみて。
もっと会場の雰囲気とか含めて楽しめばよかったのに、そんな余裕もなく。

やっぱり、来てよかったなぁ。
冒頭のボイスドラマ、歌謡曲先輩とJ-POP後輩のやりとりに、
最初のマリンバから、化物への流れも、それに続く桜の森も。
プロモーションムービー集DVDの宣伝をはさみつつ、時系列で3曲。
くだらないの中に、フィルム、夢の外へ。

くだらないの中に、老夫婦、くせのうた、ばかのうたの中から何曲かは聞けたらいいなあと思っていたので嬉しい。
じっくり聞いていた会場を埋める人たちも、夢の外へになるとのってくるのもまた楽しい。

ここで一旦暗転し、バカリズムバナナマンほかによる一流ミュージシャンからのビデオメッセージコーナー。
バナナマンのぐだぐだした掛け合いに筋肉を緩めつつしばし休憩。

そして、センターステージに現れる源さん。
それまでオペラグラス越しでも豆粒だったのに、めっちゃ近くに感じる…これはやばい。

隣にいた夫はナンバーガールのカバー、透明少女が懐かしかったみたいでおおう、と声をあげていた。

くせのうたが終わると、センターステージは一旦終了。
今回のツアータイトル「Continues」に込めた想い、その次の曲、YMOの「Mad Pierrot」と時よの関係性など聞いて、まさしくつながっているのだなーと会場全体が感じ入ったところで怒涛の後半戦へと続く。

Mad Pierrot」、かっこよかったなー!会場の照明から、イレブンプレイのダンスおよび衣装、これぞライブだなーと思う。そのまま、時よに続き、ギャグの前(だったかな?)震災の時にデリヘルのお姉さんに励まされた話。そして恋。みんながみんな踊れてるわけでは勿論ないけれど、楽しい。金テープが舞ってきてキラキラしていて、一瞬テープの方に意識が奪われたのが悔しかったけども。引き続いてweekend。会場のテンションもただ上がりでした。最後は、ツアータイトルでもあるcontinuesで〆。continues、ゲームのコンテニューボタンとかかってるんだろうなーと思ったらほんとにそうだったので嬉しかった。
そして今回のボイスドラマのお二人も、好きなゲームの声優さんだからというのもあるというのを知り、なるほどーと思う。

アンコール。ミニニセ明がバルーンで登場。てっきりニセさんもバルーンで場内を飛ぶかとわくわくしたけどさすがにそれはなかった。ニセさんの持ち歌は1曲だけとのことで、君は薔薇より美しい星野源のカバーでウコンの曲、Drinking Dance。このへんのどこかでイレブンプレイのメンバーへの質問コーナー。軽くセクハラだけど、自分と重ねあわせて疑似体験できるという楽しいコーナーでした。
「好きなお菓子は?」「桃の、ゼリー…」「ゼリーが好きなの?」「いや、桃の方です」「美味しいよね、桃」的な。長岡亮介さんには好きなおかずを聞き、ピーマンの肉詰めとのこと。亮ちゃんは何もつけない派、源さんはケチャップとソースを混ぜたやつ派。どっちもわかるわー。はー楽しい。夫はこの間長いなと思ってたようだが。

2回目のアンコール。ライブ初披露のFamily Song。
1番最初にラジオで聞いたときは、サビの歌詞とメロディがぶわっときて、そのあとお源さんのPVでただのバラードじゃないんだなぁと実感して。
で、ライブでは、もちろん、ライブ初披露という高揚感もあったけど、それぞれの家族のイメージが浮かんでいたんじゃないかなぁ。私も、ただ幸せをかみしめていました。星野源がー、ってちょいちょい言い出す嫁をそっとしておきつつ誘えばライブに来てくれ、なおかつ嫁以上に恋ダンスをマスターしているという。まぁ私も夫の趣味を放っているのでお互いさまなのですが。1人でライブに行っても楽しいけど、やっぱり誰かと行ったほうが楽しかったです。

 

ラストはfriend shipで〆。これもあったかい気持ちになるけども、あーもう終わっちまうよ!というのとないまぜになってつらい。そして最期のギターをかき鳴らす源さん。はー、終わってしまった…!

またツアーが近いうちにありそうだから、チケット、取れるといいなぁ。

ライブ後の9/12深夜のANNでは、ライブの裏話をじっくり話してくれてる上にカバーした曲をほぼ聞けるというありがたさ!再び余韻をかみしめることができました。
今日の夜には今日の放送と差し代わってしまうので、ぜひ聞いてほしいものです。

 

f:id:workmam:20170919203358j:image

 
星野源『LIVE TOUR 2017「Continues」』追加公演セットリスト
01. Firecracker
02. 化物
03. 桜の森
04. Night Troop
05. 雨音
06. くだらないの中に
07. フィルム
08. 夢の外へ
09. 穴を掘る
10. 透明少女
11. くせのうた
12. Mad Pierrot
13. 時よ
14. ギャグ
15. SUN
16. 恋
17. Week end
18. Continues
【アンコール】
19. 君は薔薇より美しい(ニセ明)
20. Drinking Dance(ニセ明)
21. Family Song
22. Friend Ship

 

とりあえず、これでこれから残りの2017年を頑張れそうな気がする!というか他に特に人参ぶら下げてないから頑張らないとー。

 

星野源好きなワーママと繋がりたいなぁ。

今更だけど、ツイッター始めようかな…。