働くハハの技術と感覚

都内で働くワーキングマザーの日記です。

初夏の味覚、生ヤングコーン

今年の初物のヤングコーン。

f:id:workmam:20140617210415j:plain
家の近所に畑があって、直売をやっているのです。
この時期になると、並んでないかそわそわしながら探してしまいます。

ヤングコーンは、とうもろこしの摘果で、とうもろこしは1株につき1本だけ実がなるように、残り(2〜3本?)の実は取ってしまうので、そのおこぼれにあずかれるというわけ。

皮を剥いた状態ならスーパーでも見たことあったけど、皮付きはなかなか出会えないのです。しかも朝獲れ。

まぁベビーコーンははあんまり食べるとこない割に皮ばっかりだから出荷するのも大変ですからね…


葉っぱを取り、外側の皮を少しむいて、そのままグリルで真っ黒になるまで10分ほど蒸し焼きに。

f:id:workmam:20140617210521j:plain
イメージとしてはそら豆を皮のまま焼くときのような感じ。

シンプルに塩コショウだけで。お好みでオリーブオイルを垂らしても。

ひげも食べられます。ちょっとまとわりつくけど、甘くて美味しい。そして皮も食べられるのです。皮は筍の皮みたいな感じというのが近いかな?茎に近い部分の柔らかい部分だけですが…

甘くてちょっと青臭いところがたまらない味です。

まさに一期一会。
今年は何回出会えるかなー。