読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くハハの技術と感覚

都内で働くワーキングマザーの日記です。

おとなのオリーブを読んで&イベント情報

本・映画 日常
f:id:workmam:20150315083856j:plain
「おとなのオリーブ」に惹かれて購入。
 
といっても、自分がオリーブ少女だったかといえば自信がない。
というのも中高生時代のお小遣いではしょっちゅう雑誌を買う余裕がなかったのだ。
 
仕方がないので立ち読みしてはイメージを目に焼きつけるという日々。
 
私が中学に入ったのは96年の頃で、それまでは家から一番近い商店まで徒歩15分かかり、そこではコミック誌しか扱っていないという環境にあったため、(りぼんを毎号買っていた、100円玉を握りしめて。)それまでお洒落とは何かというのがわかっておらず。
今もよくわかっていないけれど。
 
世の中には沢山の雑誌があるものだと眩しく思ったものだ。
特にマガジンハウスの雑誌は憧れというか、別格という感じがあったんだよなぁ。
当時好きだったのは読み物ページが充実していたMUTTS、relaxも好きだったなぁ。
 
市川実日子ちゃんを初めて見たときの衝撃。
当時の写真を見ると奈良美智にでてくる女の子みたい。
実日子ちゃんは花椿にもよく出ていたので、当時資生堂を巡って毎号集めていたことを思い出す。
 
しまおまほさんの連載を読んで、そんなに年の差がないのに発信力があることに感嘆したり。
 
宮森隆行さんのヘアメイクは今みても可愛いし真似したい。
 
f:id:workmam:20150315091749j:plain
 
そして、小沢健二さんの連載「ドゥワッチャライク」2199年のドゥワッチャライク、これを読むだけでもこの号を買う価値はあると思う。
 
あ、あと満島みなみちゃんを初めて見ました。満島?って思ったらやっぱり満島ひかりさんの妹さんか!姉妹兄弟揃って美人美男子で羨ましい。
こういう時、兄弟いたほうがいいなぁって思う。
 
【イベント情報】
 
●イベント
「『おとなのオリーブ』ができるまで」が湘南蔦屋書店にて3月28日開催予定→早速申し込んでみた。湘南蔦屋書店に行くのは初である。楽しみ。
 
 
 


『おとなのオリーブ』ができるまで - 湘南T-SITE

 

●オリーブカフェ 3月14日〜29日まで原宿のカフェで開催中。

Olive カフェ | SPACE | VACANT