働くハハの技術と感覚

都内で働くワーキングマザーの日記です。

【かき氷】ICE MONSTER(アイスモンスター)

ICE MONSTERの過剰サービス

先日オープンした、台湾発のかき氷屋さん、ICE MONSTER。

表参道店にはまだ行けていないのだけれども、台湾にあるICE MONSTERには行ったことがあります。そこで受けたサービスを紹介したい。

1.アイスキャンデーのサービス

f:id:workmam:20150502105739j:image

台湾でも行列が出来ているICE MONSTER。
これからかき氷を食べるというのに、行列に並んでいる人にアイスキャンデーが配られます。

2.1つ頼んだらもう1つ!かき氷のサービス

f:id:workmam:20150502105819j:image
マンゴーかき氷を頼んだのですが、一緒にもう一個かき氷(ぜんざいてきなもの)が出てきました。え?頼んでないんだけど…
でも、周りを見渡すと、みんな2個器がある。しかも種類が微妙に違う。お口直し用なのでしょうか。私が台湾語がよくわからなかっただけで、ちゃんとメニューに書いてあったのかもしれません。

ちなみに、四角い箱のキャラクターはオーナーの似顔絵らしいです。

f:id:workmam:20150502105842j:image

店内至る所にあります。

台湾だと、マンゴーかき氷が220NT$、1台湾ドル=3.8円ぐらいなので、850円ぐらいで食べられます。でも、近々台湾に行く予定がない人は表参道店に行くといいと思う。

ちなみに、日本でICE MONSTERを運営しているのは、世界一の朝食というキャッチフレーズのbillsやイスラエル発のチョコレートショップ、マックスブレナーを仕掛けたトランジットジェネラルオフィスさん。


流行りものを仕掛けるのが上手いよなー。といつも恐れ入っております。
しかもどこもオシャレなのよね。
きっちりオープン前にはネットニュース、テレビの取材、SNS界隈…と情報開示のタイミングも上手くてノウハウがある感じ。(当たり前か…)

世界中の美味しいもの、面白いもの、日本人好みのものを嗅覚するどく、輸入してくる技は取り入れたいものです。

なお、ice monsterの前身、冰館 はなんばウォークにかつて出店していたので、日本初進出ではない(大阪の友人談)、らしい。

個人的に日本進出してほしいというか、日本でも食べたいのは以前北京で食べた、ネギお好み焼き的な食べ物。煎餅(せんべいではなく、ジェンビン?ダンビン?的な発音で呼ばれている代物。)クレープっぽい小麦粉記事に、卵を割りいれ、ネギたっぷり、油条(揚げパン)みたいな板状のものを乗せ、ヘラでくるくる器用に巻いてくれて完成。

基本的に屋台で食べる料理って感じで、基本的に個人商店しか見たことがないので日本進出っていうのは難しいかもしれないけど、また食べたいなぁ。1元とかせいぜい2元ぐらいで、満足な朝ごはんになる。ただ難点は出来立てすぐ食べないと美味しくないんだよねぇ。
一緒に出来立ての熱い豆乳があったら最高じゃないか。
焼き小龍包だって結構定着してきたし、粉ものはみんな大好きだからいけるんちゃう?と思んだけど…なんで、阜杭豆漿が日本にオープンしてくれたらいいなー。

中村貞裕式 ミーハー仕事術

中村貞裕式 ミーハー仕事術