働くハハの技術と感覚

都内で働くワーキングマザーの日記です。

【ふるさと納税】そうじゃの新米20キロ

ここのところふるさと納税の存在を忘れていたのですが、年末調整の用紙を配布されて思い出しました。

なおかつ、日経TRENDYやら各種雑誌で駆け込みふるさと納税の特集が組まれている様子。ええっ、トレンディな人ならふるさと納税やってるでしょ!と思ったのだけれど、まだまだ意外と浸透していないようだ。今年から、条件付きで確定申告不要になったことで、猫も杓子もふるさと納税、ってな感じになってるかな?と思っていただけに意外。

原因としては、控除という概念のわかりにくさ、控除される限度額がいくらなのか分かりづらい、とにかく面倒くさいとか?

でも、2000円の負担だけでお値段以上の各地の名産品がいただけるのだもの、参加しないともったいない。
ふるさと納税をきっかけに、業績を伸ばしている企業も多いようで、それは喜ばしいことだ。木製の子どもキッチンとか。

しかし、高額所得者が優遇される制度だから庶民にはせいぜい家計の足しにしかならないのが悲しいけど。ふるさと納税だけで生活するとか、羨ましい!ってか、ズルい!

さて、岡山県総社市から新米20キロがとどきました!寄付したのすっかり忘れてました…

f:id:workmam:20151117193550j:image
市長、若い。お米のパッケージまでふるさと納税仕様という凝りっぷり。

寄付金額:1万円

我が家は普段、5キロ1700〜2300円ぐらいのお米を買っています。3人家族ですが、大体1ヶ月に5キロぐらい消費するペース。
親戚にお米農家がいればよかったのだけれど、いないので買うしかありません。しばらく美味しい新米がいただけます。ありがたやー!!

しかも、総社の新米を使ったキャラ弁コンクールも合わせて開催しており、もし入賞すれば更にお米がいただけますよ。
一等はなんと1俵(60kg)!
応募は12/21まで。参加賞でもお米2合がプレゼントされるそう。太っ腹!

f:id:workmam:20151117223657j:image

稲穂も入っていました。なんだか嬉しい。
f:id:workmam:20151117223622j:image

ここ数年は、秋冬はふるさと納税のお米、夏場はスーパーで購入する感じになっています。(通年ふるさと納税で通してもいいんだけど、20キロとか届いても保存に困る…)

今年は他にどこに納税したっけかな〜と思ったら、いやん、バタバタしてたらまだ2箇所しかしてなかった!うっかりしてた!


今までで良かったところにリピートしようかと思います。綾町&北海道のジンギスカンは外せないなぁ。


残りの控除枠を確認して、今月中には今年のノルマを達成したいところ。
おすすめの納税先があれば知りたいものです。